あなたの会社・お店の梱包仕様に<ムダ>はありませんか?
梱包資材一筋の弊社が、秘伝の技・ノウハウを伝授いたします。


梱包方法・包装方法・梱包仕様・包装資材 梱包のアイデアとノウハウ、貴社にご提案いたします。

▼ムダ無く、効率よく、破損率減少&コスト削減

◆物流効果を上げる最適な梱包仕様
◆輸送環境に適した緩衝材
◆梱包作業をより効率化する環境&システム設計
◆どんな複雑な製品もコストを削減&破損率低下


“梱包資材・梱包方法・梱包環境のアドバイス&コンサルティング”

 

[昭和35年創業/軽梱包アドバイス・梱包資材販売]
〒546-0024 大阪市東住吉区公園南矢田3-11-12
株式会社山武  代表取締役 山本清彦
TEL:06-6696-9444   FAX:06-6696-9395
E-mail:yamatake-1@tmt.ne.jp

▲ このページの先頭へ

当社実績紹介


1,大阪府堺市A社(ガラス加工製造)
ガラス加工製造製品の1部にガラス部品があり、どうしても年間破損率が3%は出ていました。経費の問題だけでなく、納期厳守など会社の信用にもかかわりました…自社での工夫には限界を感じていましたが、思い切って相談し梱包方法を見直すと2%に減少しました。1%に近づくように角度をかえて更に検討中です。

2,大阪市平野区B社(インテリア・雑貨卸)
インテリア・雑貨卸形やサイズが一定していない商品を数多く取り扱っているため、梱包時にはいつも困っていました。特殊フィルムを併用することにより容積が15%も減少し、梱包費・輸送費が軽減した。大小異なるダンボールや、緩衝材が少なくて済み、梱包時間の短縮につながりました。

3,豊中市庄内C社(ポンプ製造)
(ポンプ製造少々重量のある製品のため木枠梱包でしたが、アドバイスを受け特殊ダンボールに変えることにより嵩が減り、狭いスペースなので大変助かっています。

4,大阪市旭区D社(印刷業)
印刷業国際規格であるISO14001の認証も取得し環境問題に取り組んでいます。地球に優しい梱包資材の要求を受け、価格を考慮しながら現在使用量の30%を達成しました。